女の人

女性特有の病気入院は医療保険でカバー|家計の負担を軽減

保険お見直しをお考えなら

女性とシニア夫妻

人生設計に不可欠な保険ですが、最近では貯蓄型が見直されており、他の保険商品や金融商品と併用したりといったことも人気です。もし、見直しをお考えでしたらファイナンシャルプランナーへ相談してみましょう。貯蓄型保険の事は勿論、色々な事を相談できます。

もっと詳しく

持病があっても入れる商品

婦人

一般的には、持病があると、保険には加入できない場合が多いですが、最近は告知義務が緩和されている商品が多く出回っています。また糖尿病専門の保険も出ており、以前よりも入りやすい商品になりました。病気を持っている人も医師の診察も不要で保険に加入できます。

もっと詳しく

レディース保険の選び方

スーツの人達

病気の種類

医療保険には、子宮がんや乳がんなどの女性特有の病気を対象にした商品があります。一般的に「レディース保険」と呼ばれていますが、さまざまな名称がつけられています。医療保険の対象になる病気の種類ですが、子宮がんや乳がん以外に卵巣がん、子宮筋腫、子宮内膜症、乳腺症などがあります。女性特有の病気と言ってもいろいろありますから、レディース保険に加入する際に対象となる病気についてご確認ください。通常の妊娠は医療保険の対象になりませんが、異常分娩や帝王切開、流産をした場合などに対象になる場合があります。また、膀胱炎や甲状腺障害なども女性に多い病気となっており、レディース保険の対象に入っていることがあるようです。

健康保険と併用

レディース保険に入る際に不安になるのは、それ以外の病気にかかってしまう場合ではないでしょうか。しかし、医療保険とレディース保険の両方に加入すると、保障内容がかぶってしまいます。医療保険を選ぶ際のポイントですが、高額な治療費がかかる子宮がんや乳がんなどの女性特有の病気についてはレディース保険に入っておいた方がよいでしょう。それ以外の病気については健康保険を利用するか、貯金を使った方が費用をおさえることができます。医療保険というのは、貯金や健康保険では支払えないほどの高額な費用がかかる病気になったときに入るものと考えておいた方が、無駄な保険料を支払わずにすみます。毎月支払わなければならない保険料の負担とのバランスを考えることです。

信頼できる人を探そう

相談

保険の見直しをする時などは、家計に詳しい人に相談しましょう。信頼できるファイナンシャルプランナーを見つけることがポイントです。知名度や実績などから選択します。複数名を比較してみるというのもお勧めです。

もっと詳しく