持病があっても入れる商品|女性特有の病気入院は医療保険でカバー|家計の負担を軽減
女性

女性特有の病気入院は医療保険でカバー|家計の負担を軽減

持病があっても入れる商品

婦人

告知義務が緩い商品の特徴

糖尿病は、生活習慣病の一種であり、一般的には保険加入が難しい病気の一つです。保険には加入前に事前告知という義務があり、今までの病歴や、治療内容、人間ドッグや検診時に、注意をされた箇所などあれば告知をしなければいけません。しかし現在、糖尿病でも入れる医療保険がいくつかあり話題を集めています。告知義務がないものや規制が緩いタイプの商品まで、色々なタイプの保険があります。特に、外資系大手などの保険会社は、3つの告知事項のみで、糖尿病を持っている人も加入ができます。また、月々の掛け金も3000円前後と非常にリーズナブルな為、糖尿病などの生活習慣病の人でも安心して加入ができます。また、保険料があがらない点も魅力です。

加入する商品の内容を確認

告知義務が緩い保険が、糖尿病の人にはぴったりですが、注意することもいくつかあります。例えば、加入条件が会社によって違いますが、加入して一年以内に、手術や入院をした場合の給付金が、半額の料金で給付になるなど、色々な制約が多いです。一度条件を確認しておくと良いです。そして、申し込み方法もネットで簡単にできる会社も増えました。保険申し込みのために、店舗へ行く必要がなく時短になりますし、面倒ではありません。他にも、糖尿病保険と呼ばれる専門に扱っている保険会社が有名です。この商品は既に糖尿病を発症していても、給付金が発生するので、持病を持っている人にはとてもメリットの高い商品です。また、加入年齢が幅広く、3ヶ月の赤ちゃんから加入ができます。